ゴミとトラック

不用品回収業者さんはありがたい存在です

家族と街

私は鉄くずを中心に、不用品回収車を利用します。市の資源物回収袋へは鉄くずが大きすぎて入らなかったり、入れることによって袋が破れてしまう場合不用品回収車にお願いする方が便利です。軽自動車に乗りさえすれば大きさに制限はありません。基本的に回収料は鉄くずの場合無料です。ソファーやベッドなどは有料で回収します。
今年も老朽化して屋根から雨漏りをしていた物置を解体しましたが、今は分別解体の時代ですので建物は自分で解体できませんから解体業者さんにお願いしますが、内部の物は出来るだけ自分で処分した方が全体的に安くなります。長年そのままになっていた使用できない鉄くずが結構あるものです。これらを玄関先にまとめて置いておいて不用品回収業者さんに電話すると、すぐ取りに来てくれます。もちろん無料です。
不用品回収業者さんの言うには、今は鉄くずは製鉄業者の買値が安いので、相場が上がるまで自分の所有土地に保管しておいて相場が上がったら製鉄業者さんへ発送するのだそうです。だから鉄くずは回収要望があればいつでもこれからもすぐ来ますので、よろしくお願いしますと言われました。お互いにこちらは不用品を無料で片付けて頂けるし、不用品回収業者さんは回収したものを製鉄業者やそれぞれの問屋さんなどへ売ってビジネスするのですから双方にメリットがあります。

不用品回収をお得に行う方法

最近は、不用品回収を無料で行ってくれる業者や会社が多くなっていて、使えなくなったパソコンなどの回収する為に、お金を掛けなくて済む傾向です。トラックなどの持ち運べる物を用意しておけば、指定の場所まで運搬するだけで無料で回収してくれる所があります。無料で回収してくれる店舗や業者を探す方法として、インターネットで自宅の近くにある回収業者を探す事が基本です。検索エンジンで検索を掛ける場合、自分の住んでいる地域名と不用品回収などのキーワードを入れて、無料で取り扱ってくれる業者や店舗を見つけます。不用品回収を無料で行った経験がある知人や友人がいれば、知人や友人の紹介で業者に依頼する事も良いです。
注意点としては、持ち込みでも全ての品を無料で回収してくれる訳ではない事です。パソコンや電子レンジなどの家電製品は無料で済む事が多いが、洗濯機などの品によっては数千円の費用が掛かる事もあります。処分する前にインターネットなどで事前に回収してくれる品の情報を収集する事が大切で、分からない事があったら料金の詳細などを事前に業者に尋ねる事が良いです。店頭に持ち込む場合は、多くの店舗では事前の予約をしないで良い場合が多いが、不可解な点などがあれば事前に電話で相談するとスムーズに持ち運びやすいです。

不用品回収の料金の基本的な相場

不用品回収の料金は処分する物や業者などによって異なる事が基本で、自治体に処分を依頼する時には、民間の業者よりも安くなる傾向です。使えなくなった冷蔵庫やテレビを処分する場合、テレビの大きさに応じて数千円から1万円程度の料金が掛かります。生活の為に使うポットなどの小型の家電製品を処分する場合、500円程度の費用で済みます。ピアノなどの大型の品の場合、1台で2万円を超える費用が掛かる事もあります。
基本的に、不用品の大きさが大きくなるほど処分の費用は上乗せされますが、エアコンやバイクなどの一部の品によっては無料で回収してくれる事もあります。液晶テレビは無料で回収してくれる業者が多くて、業者によっては、あらゆる家具に関して引き取る事を想定してセット料金として設定している事もあります。複数の不用品回収をする場合は高額になる場合も多いので、品々の組み合わせで数万円までの料金で済む事もあります。不用品回収業者が設定してる料金の表は、あくまでも出張の費用を入れていない事に注意します。引き取って貰う時には表に書かれている料金だけを用意するばかりではなくて、出張費などの経費の費用も鑑みる必要があります。自治体に不用品を持っていく場合、運搬するトラックなどがあれば出張費用は考えなくても良いです。

大阪にお住まいの方で不用品の処分に困っている方には即日でも不用品を回収してくれる業者「ダストレ」がピッタリです。月間での実績が800件以上と、非常に実績の豊富な業者ですので、安心して任せることができます。サイトには「お客様の声」もたくさん掲載されておりますので、不安な方は見てみてください。大阪は勿論、関西全域で不用品の回収を行ってくれる「ダストレ」は不用品回収大阪からどうぞ!

UPDATE LIST

2016/05/13
ビニール傘でも資源ごみになるそうですを追加しました。
2016/05/13
冷蔵庫などの不用品回収の体験を追加しました。
2016/05/13
不用品回収を効率よく依頼するコツを追加しました。
2016/05/13
不用品回収をしてもらう方法を追加しました。